染色

 


風呂敷がどのように作られているのか、実際に見たことがある、また
体験をすることも、中々機会がないかと思います。


特徴を抑えておくと、服にしてもそうですが、選ぶ基準が
大幅に変わることもあります。

 

ここでは、風呂敷の染めについてを御説明します。

風呂敷は染めの技術を用いて作られる布製品であり、
日本の伝統工芸品の一つとして広く親しまれています。

一部

 

染料として頻繁に用いられるのは、山野などに
自生する植物が主なものとなります。

 

染料を使い方は、職人によって洗練されるものです。
染めの技術については、河川とも深い関係があるのは明らかです。

 

河川の低水路において、染めた布を洗う光景は
昔であればよく見られたものでした。

 

赤と白と黒

最近では工場で作られることも多いため、河川における
伝統の風景は珍しくなっています。

 

染めのためには、職人の優れた美意識が必要なことも確かです。

デザインのセンスがなければ、伝統工芸品として
ふさわしい装飾美が完成しないのです。

 

それゆえに、師匠からデザインを学ぶこともあります。
あるいは、独学でデザインを考案することもあります。

 

風呂敷の模様としては、誰にもお馴染みな唐草模様や
花柄があります。しかしながら、最近の生活習慣に合わせて、
斬新なデザインの風呂敷を作ることも行われています。