風呂敷の特徴

 

風呂敷の最大の特徴は、正方形をしたシンプルな布で、
様々なものを包めることです。

 

風呂敷のサイズは、45センチ四方からあり
大きいもので1辺が2メートルを超えます。

魅力

 

元々着物と同様に反物を裁断して作られたので、
現在もサイズの基準は反物の幅です。

 

また物を包むだけなのに、美しい柄で装飾しているという特徴があります。


最も一般的な柄は唐草模様です。
泥棒が担いでいるアレ、と言ったらイメージが悪いかもしれませんが…
最近では唐草模様をカラフルにアレンジしたり、面白い組み合わせに
活かしているデザイナーさんも増えています。


他にも着物や帯に使う吉祥文様や格子柄、縞模様など
インテリアとしても魅力的です。

かける

 

風呂敷は、相手に物を届けるときに簡単に持ち運ぶという目的で使われます。

 

昔の日本では、きれいに包まれた風呂敷を優雅な仕草で
手際よく解く様子を奥ゆかしさとして尊重しました。

 

さらなる特徴として、機能性が挙げられます。
風呂敷は大きな物を包むと大きく、小さな物を包むと小さくなります。

 

サイズに柔軟性があり、使わないときは小さく折りたたんで
片付けられるので、なんといっても使いやすいのです。


包み方にも色々あって楽しめる幅が広い風呂敷ですが、
カバンが主流になっても多くの人に愛されています。